top of page
  • 執筆者の写真Kayoko Tsuchiya

eWMS2023 海外のスピーカー Xiaomi India の代表 Muralikrishnan B 氏紹介

kMS2023では全世界からFortune 500 のCEOやCMOを含める180+のスピーカーが登壇します。日本の視聴者にも登壇者を紹介して参ります。世界最前線で活躍するスピーカーによるプレゼンテーションを視聴して、今、グローバル市場で起きている現状を把握しながら、マーケティングの知識をアップデートし、そしてビジネスチャンスを見極めましょう。



ワールドマーケティングサミット2023 スピーカーとして登壇する

Xiaomi Indiaの代表 Muralikrishnan B 氏のご紹介です。


マーケター達が直面している新たな課題について話す機会を嬉しく思います。それは最も重要なステークホルダー達に関わる課題です! Murali krishanan B   

Xiaomi といえば、今やサムスン・Appleに次ぐ世界シェア3位を誇る大手スマホメーカーです。2010年に北京で創業したベンチャー、Huwawei が米国から制裁を受けているタイミングでグローバル市場でのプレゼンスも急上昇し、テクノロジー業界のジャイアンツに成り上がりました。Xiaomiは「Fortune Global 500」リストで4年連続で72位上昇し、#266にランクインしました。Xiaomiは、ボストンコンサルティンググループによって「2021年の最も革新的な企業50社」の一つとしてランクされました。また、Xiaomiは、カンターBrandZによって「最も価値のあるグローバルブランドトップ100」の一つとして認識されました。2010年に連続起業家であるLei Junによって設立され、「すべての人のための革新」をもたらすことをミッションに「正当な価格での良質な製品」を提供し、Xiaomiは世界で3番目に大きなスマートフォンメーカーとなりました。Xiaomiは世界中の100以上の市場に存在し、54以上の市場でトップのスマートフォンブランドとなっています。世界中で12以上の市場でNo.1のスマートフォンブランドです。


Xiaomiは2017年にはサムソンを抜いてインドのNo.1スマートフォン・ブランドとなりました。最初の製品であるXiaomi Mi 3から始めて、今日の製品ラインアップは、スマートフォン、スマートTV、ラップトップ、タブレット、スマートウェアラブル、モバイルバッテリー、スマート家電、トリマー、イヤフォン、およびいくつかのAIoTおよびライフスタイル製品にまで及びます。



Xiaomiについての記事



議論ポイント:

1. 中国ブランドであるXiaomiがインド市場でNo.1のスマホ・ブランドとなった理由。


2. そして中国とインドの政治的な関係性はともかく、ビジネス上の関係性と協働メリットは?


3. 日本メーカーが今後世界市場で占有率を上げていく上でのキーポイントは?



ワールドマーケティングサミット日本からの視聴チケットはこちらからhttps://www.seekersbasejapan.com/wms2023







閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page