top of page
  • 執筆者の写真Kayoko Tsuchiya

ペンシルベニア大学ウォートンビジネススクールで教鞭をとるマーケティングの権威、David Reibstein(デービッド・レイブスタイン)教授 

更新日:2023年10月25日


David Reibstein教授は、国のブランディングに関しての研究をされており、2021年に彼のリサーチで日本が第2位にランクインされたと発表されております。(ちなみに当方がこの件で数回どのようなメトリックスでそうなったのかやりとりさせていただいた際も真摯に対応してくださり追加資料をメールで送付してくださったりしました。)


今回のプレゼンテーションは「アカデミアと産業:社会が求めるものに対処しているのか?」ビジネススクールの研究の役割と、社会的なインパクトに焦点を当てる必要性についてのプレゼンテーションとなります。




Reibstein教授の製品ライン拡張に関する研究は、既存のブランド名の下で拡張を導入すべきか、新しいブランドを使用すべきかについて検討しています。 彼のマーケティング指標の研究は、マーケティング指標を財務結果に関連付けることに焦点を当てており、その成果物には「Marketing Metrics: The Manager’s Guide to Measuring Marketing Performance」の第4版も含まれています。 彼の最新の著書は「Resilient Marketing」です。


Reibstein教授は、ビジネスとマネジメントにおける研究(RRBM)の前会長であり、アメリカマーケティング協会(AMA)の理事会議長、マーケティングサイエンス研究所(MSI)のエグゼクティブディレクターを務めました。 また、環境インテリジェンスセンター(CEI)の顧問委員会および他のいくつかの企業の顧問を務めています。


Google、Verizon、Shell Oil、Intel、Genentech、Novartisなど、世界中の企業と幅広くコンサルティングを行っており、Apple対Samsungなどの多くの訴訟においても専門家証人として参加しています。


彼の研究は、Marketing Science、Journal of Marketing Research、Journal of Finance、Journal of Marketing、International Journal of Research in Marketingなどのトップティアの学術ジャーナルに掲載されており、競争マーケティング戦略、グローバルブランディング、マーケティングパフォーマンス測定など、さまざまなトピックに関する書籍や章の共著者でもあります。


Reibstein教授は、30を超える教育賞を受賞した功績をもつ信頼性の高い教育者で、パデュー大学クランナート経営大学院のジョン・S・デイ博士顕著な卒業生アカデミックサービス賞も受賞しています。


Reibstein教授は、パデュー大学で博士号を取得し、カンザス大学で学士号および学士号を取得しています。また、彼はCEOとCMOに関するマーケティング測定に関する一連の詳細なインタビューシリーズを実施しました。 また、企業がCOVIDパンデミックの期間中にどのように対処したかに関する多くのインタビューも行っています。

閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page